220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

電話マーク

お電話

メニュー

マウスピース矯正<br class=/成人 イメージ">
見出しアイコン

マウスピース矯正
/成人

目立ちにくい矯正

エス歯科クリニック横浜みなとみらい院ではマウスピースによる成人の歯科矯正を行っています。
従来の歯科矯正といえば、永久歯が生えそろうころに金属の装置をつけて行う方法が主流でした。

しかし、金属の装置が口元からみえるという審美的な面を気にして、歯科矯正自体を断念してしまった方も少なくありません。
そのような課題をクリアした、まったく新しい歯科矯正として誕生したものがマウスピース矯正です。
人前に出るお仕事をしている方や、入学式、結婚式などをひかえている方でも気にせずに行えるため、近年人気が高まっている傾向にあります。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 見た目にも重視して矯正をしたい
  • 通院頻度をできるだけ抑えたい
  • 矯正中であっても食事も楽しみたい
  • 人前に立つ仕事をしている
  • スポーツをしている
  • 金属アレルギーが心配

大人のマウスピース矯正とは

大人のマウスピース矯正の特徴

ワイヤー矯正では、歯の表面に装置をつけ、ワイヤーを引っ張る力を利用して歯を動かします。
一方、マウスピース矯正では、歯が動いていくように設計された複数枚のマウスピースを1週間単位でつけ変えて、歯並びやかみ合わせを希望の形へと導きます。

また、マウスピースタイプであること、透明な樹脂でできていることで、見た目に影響を与えないとされています。
総合的な治療を実施する当院でマウスピース矯正をお受けいただければ、虫歯治療と並行して行うことができます。
そのほかにも、インプラントを併用したマウスピース矯正も実現可能です。

●メリット

・精密な予測、作製ができる

3D光学スキャナーを導入することで、精密な型どりを行えます。
また、3DシミュレーションでBefore・Afterの比較が行えるため、より実現的な歯の動きの予測が可能と考えられます。

・見た目に影響がない

審美的に優れています
透明な樹脂でできていて、口元をみても矯正をしていると気づかれにくいため、人前でも問題なく使用できます。

・痛みを抑えられる

ワイヤー矯正のワイヤーをしめる処置と比べて、痛みを感じにくいといわれています。

・食事に支障がない

固定式であるワイヤー矯正の場合は、矯正装置を外すことができないため、食べものが引っかかってしまい、思うように食事が楽しめない場合があります。
しかし、マウスピース矯正であれば、マウスピースを外して食事ができます

・通院回数を抑えられる

ワイヤー矯正の場合は、1ヶ月に1回の通院が必要となりますが、マウスピース矯正の場合は、およそ1~3ヶ月に1回通院すればよいといわれています。
個人差はありますが、複数枚のマウスピースを一気に作製するため、通院回数を減らすことができます。

・金属アレルギーの心配がない

金属を一切使用していないため、金属アレルギーがある方でも治療が可能です。

●デメリット

・計画的に治療が進まない場合もある

1日20~22時間以上、マウスピースを装着しなければ、計画的に歯を動かしていくことがむずかしくなる可能性があります。

・難症例には適応しない

ワイヤー矯正の場合は、さまざまな症例に対応できます。
しかし、マウスピース矯正の場合は、適応できる歯並びに限りがあり、歯並びの状態によっては、マウスピース矯正が適応しないといわれています。

●矯正に要する期間

理想とする歯並びになるために必要な期間は、人それぞれで異なります。
部分的に歯を動かす部分矯正の場合では、1年未満で治療が完了するケースもありますが、全体的な矯正の場合は平均して約1~3年の治療期間が必要といわれています。
また、着脱が可能であることから、自身で装着時間を十分にとらなかった場合、治療期間が長くなる可能性もあります。

【計画的に治療を進めるポイント】

・マウスピースの交換

1週間に1度、マウスピースの交換が必要になります。
決められたタイミングで交換することが重要です。

・チューイの使用

マウスピースを付け替えて徐々に歯を動かすため、新しいもの付け替える際が一番装着しにくい状態です。
しっかりとはまらないと歯に力をかけられず、計画的な治療の妨げとなるため、チューイをかんできちんと奥まで装着する必要があります。

左右均等に次の順番でマウスピースをかみましょう。

① 歯
②中間
③奥歯のほう

また、矯正治療では、歯を動かす期間だけでなく、歯をその場にとどめるための保定期間が必要です。
歯はどうしても、元の位置に戻ろうとする習性があるため、位置を固定するためにリテーナーと呼ばれる矯正装置を装着します。
保定期間は人それぞれ異なり、一般的には歯を動かした期間と同じ期間の保定期間が必要と考えられています。

おもな治療内容とその種類

治療方法

当院では、世界100ヶ国以上でシェアされているインビザラインを採用しています。
インビザラインは、マウスピース矯正トップシェアとされ、世界で1,200万人以上(2022年2月時点)が使用しています。

インビザラインでは口腔内スキャナー「iTero」で患者さまのお口の状態をデータ化し、これまでに治療してきた数多くのユーザーの歯の動きとあわせて分析を行います。
多くのデータと、それを分析することで導き出された歯の動きの予測をもとに、理想とする歯並びへ導けるよう、治療計画を立てます。

インビザラインのほかのマウスピース矯正と異なる点は、莫大な歯の動きのデータを保持していることです。
それがインビザラインの最大の強みであり、より精密な治療計画を立てることが期待できます。

【インビザライン「iTero」の特徴】

・一度のスキャンで完結するためスピーディー
・従来の型取りより精密性の高い型取りが可能
・3Dシミュレーションより視覚的にイメージできる
・嘔吐反射の強い患者さまにもおすすめ

●インビザラインフル(成人)

全体的な矯正に適応します。
動かす歯に制限はなく、前歯から大臼歯まですべてが対象となります。

17歳ごろから治療が可能といわれています。
歯を動かすように設計された数mm単位に異なるマウスピースを、15~100枚程付け替えながら、歯を動かします。

●インビザラインライト(部分矯正、軽度な症状)

部分的な矯正や、軽度な歯並びの乱れに適応します。
フルと比べ、マウスピースの交換回数が最大14枚と少なくなります。
そのため、費用を抑えられるというメリットはありますが、適応する症例に限りがあります。

●ティーン(インビザラインフルと内容は同じ)

永久歯が生えそろったころから、顎の成長を終えるころの11歳~16歳までのお子様(ティーン)に適応します。
近年ではインターネットの普及も拡大し、グローバルに活躍する場がより身近に増えてきました。
海外では日本以上に、歯並びが整っていることが望ましいとされているため、将来のために、ティーンである年齢から歯科矯正を行うことをおすすめします。

また、ティーンは、永久歯が完全に萌出していない場合でも、矯正治療が可能とされています。
これは大きなメリットですが、乳歯が残っていないことが条件となるため、治療開始時期には個人差があります。
ぜひ一度ご相談ください。

大人のマウスピース矯正のリスク

インビザラインで矯正を行う際には、ワイヤー矯正の際と同じく、歯肉退縮のリスクをともないます。

歯肉退縮のリスクを避けるためにも、歯科医師としっかりと治療計画を立て、セルフケアに普段以上に注力しましょう。

改善が見込める症状

叢生(八重歯含む)

日本人に多い不正咬合で、多くの方が悩みとして抱えている歯並びの1つとされています。
歯が重なり合うように生えている歯並びを、叢生(そうせい)と呼びます。

チャームポイントといわれる八重歯も叢生の一種です。
叢生となる原因はさまざまですが、多くは生えそろうスペースがない場合に起こるといわれています。

叢生は歯が重なり合って生えているため、清掃がむずかしく、汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病になりやすいといわれています。
そのため、矯正がすすめられる歯並びの1つです。

【叢生になる原因】

・あごが小さい
・歯が大きい
・指しゃぶり
・舌癖

【治療法】

–  第一小臼歯、第二小臼歯の抜歯
–  IPR(アイピーアール)

歯の側面を数mm単位で削り、スペースをつくっていく処置が行われます。

まれに「歯列からはみ出ている、八重歯を抜けばいいのではないか」とご相談いただくこともあります。
しかし、八重歯となっている犬歯は、歯の根も長く、寿命が長い歯であるため、極力抜歯は行いません
また、重度の叢生である場合は、マウスピース矯正が適応されない可能性もありますので、一度ご相談ください。

出っ歯

口元からみえる歯がコンプレックスとなり、多くの方が悩みとして抱えている歯並びの1つです。
出っ歯は2つのタイプに分かれます。

1つ目は、歯が生える方向や位置が原因で、出っ歯になっている歯性タイプの出っ歯です。
こちらはマウスピースによる改善が見込めます。

しかし2つ目の、骨格から前に出てしまっている出っ歯の場合はマウスピースだけでは治すことが期待できません。
骨格による出っ歯を治療したい場合は、外科処置やワイヤー矯正での治療が必要です。
原因が取り除かれないまま出っ歯を放置してしまうと、さらにひどくなる可能性もあり、矯正が望まれる状態です。

【出っ歯になる原因】

・口呼吸
・舌癖
・遺伝
・おしゃぶり
・下顎とのバランスが悪い

すきっ歯

すきっ歯は2つのタイプに分かれます。
1つ目は、全体的に歯と歯に隙間があるすきっ歯で、空隙歯列(くうげきしれつ)と呼びます。

また、2つ目は、真ん中の歯にのみ歯と歯の間に隙間がある場合で、正中離開(せいちゅうりかい)と呼びます。
どちらもすきっ歯の1つで、矯正治療の適応となります。

すきっ歯は、食べかすが詰まる見た目が悪くなる発音が悪くなる場合もあるため、複数のコンプレックスとして抱えやすくなります。
すきっ歯の度合いによっては、マウスピースではなくワイヤー矯正がすすめられるケースもあるため、一度ご相談ください。

【すきっ歯になる原因】

・先天性欠如歯
・埋伏歯
・おしゃぶり
・歯と顎のバランスが悪い

よくある質問

被せ物がありますが、
マウスピース矯正できますか?

被せ物があってもマウスピース矯正は可能です。
しかし、歯を動かす過程で、被せ物が支障となる場合は、つくり直すことが必要になるケースもあります。
その場合、矯正中は仮歯で過ごしていただき、歯を動かす治療が完了してから、新しくつくり替えていきます。

ブリッジがありますが、
マウスピース矯正できますか?

ブリッジの場合、土台となる歯と連結していることが支障となるケースもあります。
その場合は、矯正中は仮歯で過ごしていただき、歯を動かす治療が完了してから新しくつくり替えていきます。

歯周病の場合、
マウスピース矯正できますか?

歯周病と診断された場合は、まず歯周病の治療を優先しましょう。
歯周病を放置してしまうと、顎の骨である歯槽骨を溶かしていき、歯を失う可能性があります。
また、矯正は歯槽骨の状態が良好でなければ、実施することはむずかしくなるため、注意しましょう。

マウスピース矯正に
年齢制限はありますか?

インビザラインフル(成人) に対応する年齢は17歳からです。
年齢の上限はありませんが、顎の骨である歯槽骨の状態によって、治療可能であるか、治療不可であるか判断されます。
また、永久歯が生えそろったころの11歳~16歳の場合は、インビザラインティーンが適応されます。

顎関節症の症状は
矯正によって改善できますか?

顎関節症の原因は複数考えられます。
歯並びが乱れている場合、上下の歯がしっかりとかみ合っていないケースも多く、そのような場合は顎関節に負担がかかっている可能性もあります。
矯正でかみ合わせも整えていくことで、顎関節の負担も減り、顎関節症の症状の緩和にもつながります。

▲ ページTOPに戻る

著者情報 Writer

著者画像
首藤 真一
資  格:歯科医師
出身大学:国立九州大学

▼メッセージ
「エス歯科グループでは他院で難しいといわれた症例あるいは、失敗した症例でも数多く成功させてきました。
その医療技術を神奈川全域、ひいては日本全国の歯でお困りの方に提供するため、アクセスしやすい横浜みなとみらいの地を選らび開業しました。
皆様の歯にとって「最後の砦」になるべく、先進の医療技術、最先端の医療設備を駆使して治療に臨みます。
他院で難しいといわれた場合でもぜひ相談にお越しください。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

審美歯科アイコン

審美歯科

精密根管治療アイコン

精密根管治療

精密歯周病治療アイコン

精密歯周病治療

インプラント治療アイコン

インプラント治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

エス歯科クリニック 横浜みなとみらい

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

最寄駅

JR線・東急東横線・京急本線
「横浜」駅 徒歩6分
相鉄線
「横浜」駅 徒歩9分
横浜市営地下鉄ブルーライン
「横浜」駅 徒歩10分
横浜ポルタ・G出口 徒歩3分
みなとみらい線
「新高島」駅徒歩1分

駐車場

同施設のコインパーキングをご利用ください

9:30〜13:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

045-264-9222

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB初診予約アイコン

WEB初診予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー