220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

電話マーク

お電話

メニュー

精密<br class=審美補綴 イメージ">
見出しアイコン

精密
審美補綴

マイクロスコープでさらなる高みを追求

エス歯科クリニック横浜みなとみらい院では、マイクロスコープを活用した、精密性の高い被せ物を作製します。
保険診療で作製できる被せ物は、必要最低限の見た目や機能性であるため、自由診療での審美歯科を選択し、美しい被せ物を追求する方もいらっしゃいます。

そしてさらに当院では、マイクロスコープを活用し、精密な作業工程を経ることで、美しさを追及するだけでなく、虫歯予防効果歯周病予防効果までを視野に入れた被せ物を作製できるようになりました。

精密な審美補綴治療は、心身の健康にもつながります。
マイクロスコープを活用した精密性の高い被せ物は、当院におまかせください。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 口元から銀歯がみえることに抵抗がある
  • 透明感のある被せ物にしたい
  • 二次虫歯になりにくい被せ物にしたい
  • 自身の歯の色に似た被せ物にしたい
  • 身体に影響が少ない被せ物がいい
  • 経年劣化しにくい被せ物にしたい

診療方法

精密審美補綴とは

近年では被せ物も天然歯に引けをとらない、自然な仕上がりが求められています。
口元の美しさを整えることは身だしなみと認識されつつありますが、審美歯科では見た目だけではなく、機能性を兼ねそろえたものが望まれます。
汚れが付着しにくく、耐久性にも優れたセラミックやジルコニアで作製された被せ物が注目されています。

精密審美補綴で実現が期待できること

精密審美補綴で実現が期待できることは、次のとおりです。

・美しい見た目の補綴物をつくれる
・虫歯になりにくい
・かみやすい

機能性にも優れた補綴物をつくることが見込めます。
そのほかにも、保険診療での補綴物と比べてさまざまな利点があります。

従来の被せ物は複数の種類があったわけではなく、一般的に銀歯または、金歯のみでした。
とくに銀歯には、金、パラジウム、銀、銅などの複数の金属が含まれていて、アレルギーを引き起こす原因になることが近年判明しました。
また、アレルギーだけではなく、免疫力の低下、ガン誘発リスクも上昇するとの報告もあり、他国では使用が禁止されている場合もあります。

これらの理由から精密審美補綴で作製する被せ物は、パラジウムを使用することはありません
天然歯に引けをとらない見た目を実現でき、身体に影響が少ないとされるセラミックジルコニアを活用して、被せ物がつくられています。

●二次虫歯の予防

保険診療で作製できる被せ物は、材料や行程に限りがあり、精密審美補綴でつくる被せ物を比べると、歯と被せ物との間に隙間が生じやすい傾向があります。
そのため、その隙間から虫歯菌が侵入する可能性があります。

被せ物との隙間で虫歯になってしまった場合、被せ物を取り外し、さらには虫歯となってしまった部分を削る処置が必要になります。
このように虫歯を繰り返してしまうと、歯自体が小さくなり、もろくなってしまい、やがて歯を維持することがむずかしくなり、自身の歯を徐々に失っていくサイクルに陥る可能性があります。

二次虫歯を未然に防ぐことは、歯を末永く維持していくことにつながります。
精密審美補綴で二次虫歯のリスクを下げることが期待できます。

●自然で美しい歯

審美歯科領域において、機能面は審美面と同じくらい重要です。
精密審美補綴では、対合歯とのかみ合わせや、左右の歯とのバランスなどにも考慮した形成が求められます。

また当院では、患者さまのお口の中の状態はもちろんのこと、口元からみえるフォルムに違和感がないか、色合い、歯並びなども、1つ1つ確認しながら作製していきます。

当院の精密審美補綴とは

当院ではかならず十分なカウンセリング時間を設け、患者さまの希望や疑問をくみ取りながら、被せ物の種類などをお決めいただきます。
その際には、特徴だけでなく、メリットとあわせて、デメリットも把握していただくことが重要です。
すべてご説明し、患者さまがご納得いただいたうえで作製へと進めていきます。

無理に作製へと進めることはありませんので、ご安心ください。
また、不安に思うことや、疑問に思うことがございました際には、お気軽にご相談ください。

 

当院の治療の特徴

●歯肉圧迫で精密な型取り

歯茎と歯の溝に専用の糸を挿入し、歯茎を圧迫します。
それにより、歯と歯茎、被せ物の接合部となる部分をより綿密に再現します。
そうすることで虫歯菌が入りこみにくくなります。
保険診療では、歯肉圧迫での型取りは行われません。

●シリコンを使用した精密な型取り

保険診療では操作が容易なアルジネート印象材(型取り材)が使用されます。
しかし、アルジネート印象材は水分が多く、その蒸発によって型取り後に変形するリスクをともなうという特徴があります。

シリコンは型取り後の変形も少なく、歯の形、歯茎の境目まで再現できるため、精密性に優れた型取りが可能とされています。
また、当院では型取りの段階からマイクロスコープを使用し、目視できないミクロン単位の調整を行います。

●より細部までこだわって作製

保険診療で作製する被せ物は、決められた時間や行程のみで作製されます。
一方、当院の精密審美補綴では、歯科医師と歯科技工士で綿密な連携を行います。

連携を行うことで、細部にまでこだわった適合性の高い、美しい被せ物の作製が期待できます。
このように、当院の精密審美補綴で作製する被せ物は、精密性に優れ、美しさが兼ねそろった仕上がりが見込めます。

おもな治療内容とその種類

精密審美補綴の治療内容

被せ物には精密性が求められます。
そのためには、ミクロン単位の作業が必要とされます。

当院では型取りの段階からマイクロスコープを使用します。
また、さらに精密性を高めるため、技工所でできあがった被せ物を微調整する際にもマイクロスコープを使用し、技術と知識を兼ねそろえた経験豊かな歯科医師が、丁寧に作業を進めていきます。

この工程を綿密に行うことで、歯と被せ物の間にできる隙間を減らし、虫歯菌の侵入の防止につながります。

クラウン

歯全体を覆うように装着する被せ物です。
おもに神経を抜いた歯に適応されます。

虫歯が進行し、神経を抜き、根管治療までを終えた歯は、神経のある歯よりももろくなっています。
そのため、全体を覆うような被せ物が必要です。
大きく空いた穴に支台(コア)と呼ばれる装置を立て、その上からクラウン(被せ物)を装着させ、失った歯の機能を補います

●セラミック

・マイクロ オールセラミッククラウン

マイクロスコープを使用し作製されるクラウンです。
陶器でできている被せ物です。
天然歯のような透明感の再現が期待できます。

色素やプラークが沈着しにくく、長い間口腔内にあっても審美性や清掃性を損なわないといわれています。
また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。

【メリット】

・天然歯に近い透明感がある
・色素沈着しにくい
・親和性に優れている
・金属アレルギーの心配がない
・二次虫歯を防げる

【デメリット】

・衝撃に弱く割れやすい

また、色づけをする方法は次の2タイプに分類されます。

・マイクロ オールセラミック(ステイニング)

焼きあがったあとに有色のステイン剤で着色する方法です。
色は単色ではなく複数の色調を折りあわせて着色します。

・マイクロ オールセラミック(レイヤリング)

セラミック自体を何層も重ねあわせることにより色調を再現する方法です。
歯の形状で生じる色合いのリアルな表現が期待できます。
立体的に色調を出せるレイヤニングは再現性に優れているといわれています。

●ジルコニア

・マイクロ ジルコニア

マイクロスコープを使用し作製されるジルコニアの被せ物です。
ジルコニアはとても硬く、人工ダイヤモンドとも呼ばれています。
人工関節にも取り入れられている、人体との親和性に優れた素材です。

セラミックよりも強度があるため、咬力が強い方におすすめの被せ物です。
また、セラミックと同じく、金属を使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

当院では、型取りの段階からマイクロスコープを使用して作製を行います。
ジルコニアは微調整や研磨がむずかしいため、型取りの段階からより慎重な作業が求められます。

【メリット】

・天然歯に近い見た目
・色素沈着しにくい
・衝撃に強い
・親和性に優れている
・金属アレルギーの心配がない
・二次虫歯を防げる

【デメリット】

・歯を削る量が多くなる
・固さがあるため、微調整や研磨がむずかしい
・固さがあるため、かみ合う歯が天然歯の場合は注意が必要

また、素材はジルコニア単一のものだけでなく、セラミックとあわせたものを選択していただくことも可能です。

インレー

インレーは虫歯で部分的に削った穴を補う詰め物です。
クラウンとは異なり、歯がかみ合う咬合面の一部だけを覆います。

歯科用プラスチックである、コンポジットレジン(CR)で詰められる範囲を超えた場合に適応されます。
クラウンよりも小さく、歯との接合面や咬合面が複雑な形状をしているため、虫歯菌の侵入を防ぐためにも精密な型取りが望まれます。

●セラミック

・マイクロ オールセラミックインレー

マイクロスコープを使用し作製されるオールセラミックのインレーです。
マイクロ オールセラミックインレーは精密性だけでなく、透明感もあり汚れが付着しにくいという利点もあります。

生体親和性といった観点からも、精密審美補綴で作製するインレーでは、親和性に優れたセラミックを採用しています。
インレーは、歯との接合面や咬合面などがクラウンよりも複雑な形をしています。

そのため、歯と詰め物の段差ができやすく、虫歯菌が侵入しやすいといわれています。
インレーには精密な型取りや微調整が必要とされるため、当院ではマイクロスコープを使用し、ミクロン単位の調整を行い、虫歯菌の侵入の防止を図ります。

ブリッジ

ブリッジは喪失歯の左右の歯に橋を渡すようにして装着されます。
健康な歯を削り土台にして、ダミーとなる歯をお口の中で維持するため、しなやかさとある程度の強度が必要になります。素材としてはメタルボンドや、ジルコニアが最適です。

 

その他素材と診療

オールセラミックやジルコニア以外にも、次の素材を用いた精密補綴治療を行っています。

・マイクロ メタルボンド

マイクロスコープを使用し作製されるメタルボンドです。
メタルボンドとは、金属の枠にセラミックを焼きつけた被せ物です。

枠組みが金属なので非常に耐久性に優れており、ブリッジに適しています。
しかし、オールセラミックに比べると、審美性に劣る部分もあります。
金属アレルギーの心配もありますが、ほかの精密審美補綴よりも費用を抑えられる特徴もあります。

・マイクロ ゴールドクラウン、ゴールドインレー

マイクロスコープを使用し作製されるゴールドを用いたクラウンやインレーです。
銀歯よりも目立たず親和性も優れています
しかし、金属アレルギーの場合は避けましょう。

効果を持続するポイント

定期的なメンテナンス

お口の中の状況は日々変化するため、補綴物を入れた場合はとくに丁寧な定期メンテナンスが求められます。

たとえば、歯周病になると、歯肉退縮につながるといわれています。
そうなると、作製した被せ物と歯茎の接合面に隙間があきます。
歯がさらされていることで、虫歯や知覚過敏の症状が出ることもあります。

また、歯茎と被せ物の間の隙間ができると、見た目も悪くなってしまうため、つくり直しを検討する患者さまもいらっしゃいます。
補綴物を入れたときの精密性を長く維持していくためには、定期メンテナンスを受け、少しでも違和感や変化があった際はすぐにご連絡ください。
より患者さまの負担を最小限に抑えられることが期待できます。

●ブラッシング指導

当院では定期的にブラッシング指導を実施しております。
正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。
歯医者で行う定期メンテナンスだけでなく、歯周病・虫歯予防を常に意識したセルフケアが大切です。

●クリーニング・スケーリング

当院では定期メンテナンスの際に、歯のクリーニングや、スケーリングを行っています。
お口の健康維持だけではなく、被せ物を長く使用していただくことも目的としています。
精密審美補綴治療を行った場合、より細かい、歯医者での汚れ、歯石の除去が重要です。

・クリーニング

通常の歯磨きでは落としきれない色素沈着や、プラークを引き寄せてしまうバイオフィルムを取り除きます

・スケーリング

歯石は通常のブラッシングでは除去できません。
また、歯茎の下に入りこんでしまうと、歯肉退縮につながります。
歯茎とのきれいな接合面を維持するためにも、定期的なスケーリングが必要です。

精密審美補綴の注意点

欠ける・破損リスク

ジルコニアやオールセラミックのもつリスクとして、欠け、破損などがあります。
ジルコニアは人工ダイヤモンドでできているため強度に優れていますが、口腔内にかかる力がとても強い場合、破損を起こすことがあります。
歯ぎしり食いしばりなどで長期に渡り力が加わっている場合は、破損しやすいといわれています。

また、オールセラミックは陶器でできています。
硬度と強度は別のもので、硬くても割れやすい素材というものがあり、陶器はそれに当たります。

歯ぎしりや食いしばりなどが強い衝撃となると、オールセラミックの欠けや破損につながります。
強度はメタルボンドやゴールドクラウンが勝りますが、見た目においてはジルコニアやセラミックがおすすめです。

よくある質問

保険診療は適応しますか?

精密審美補綴科でつくられる被せ物は、保険診療外となり、全額自費となります。
保険診療で作成する被せ物は、必要最低限の材料と工程で作成するため、見た目や品質性に劣ってしまう特徴があります。

被せ物の色は自分で選べますか?

はい、ご自身で選んでいただけます。
口腔内の写真を撮って、写真をみながら天然歯になじむようにご提案します。

被せ物が外れてしまったら
どうすればいいですか?

万が一外れてしまった場合は、ご連絡ください。
外れてしまった被せ物はタッパーに入れて、なくさないように保管しましょう。
またご自身で、接着剤で装着してしまうと、歯医者で付け直すことができず、つくり直しになってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

被せ物をつくっている間は歯がない状態ですか?

被せ物ができるまでは、仮歯を装着して過ごしていただきます。
仮歯であっても、生活に支障はなく、見た目にも問題ありません。

▲ ページTOPに戻る

著者情報 Writer

著者画像
首藤 真一
資  格:歯科医師
出身大学:国立九州大学

▼メッセージ
「エス歯科グループでは他院で難しいといわれた症例あるいは、失敗した症例でも数多く成功させてきました。
その医療技術を神奈川全域、ひいては日本全国の歯でお困りの方に提供するため、アクセスしやすい横浜みなとみらいの地を選らび開業しました。
皆様の歯にとって「最後の砦」になるべく、先進の医療技術、最先端の医療設備を駆使して治療に臨みます。
他院で難しいといわれた場合でもぜひ相談にお越しください。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

審美歯科アイコン

審美歯科

精密根管治療アイコン

精密根管治療

精密歯周病治療アイコン

精密歯周病治療

インプラント治療アイコン

インプラント治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

エス歯科クリニック 横浜みなとみらい

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

最寄駅

JR線・東急東横線・京急本線
「横浜」駅 徒歩6分
相鉄線
「横浜」駅 徒歩9分
横浜市営地下鉄ブルーライン
「横浜」駅 徒歩10分
横浜ポルタ・G出口 徒歩3分
みなとみらい線
「新高島」駅徒歩1分

駐車場

同施設のコインパーキングをご利用ください

9:30〜13:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

045-264-9222

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB初診予約アイコン

WEB初診予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー