220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

電話マーク

お電話

メニュー

精密根管治療 イメージ
見出しアイコン

精密根管治療

歯を守るための精密根管治療

エス歯科クリニック横浜みなとみらい院では、精密根管治療を行っています。
根管治療は、虫歯が歯の神経やその近くまで進行した際に行われる治療です。

歯を守るために行う大切な治療ですが、一般的な根管治療は、歯を守るために十分とはいい切れません。
根管治療を精密に行えていない場合、歯を失ってしまうこともあります。

抜歯が必要と診断された場合根管治療を終えたはずなのに歯が痛む場合は、精密根管治療を受けて歯を守りましょう。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 歯をなんとしても残したい
  • 歯にとって最善策となる治療を受けたい
  • 二次虫歯のリスクを最小限に抑えたい
  • 虫歯の痛みでひどく痛む
  • 他院で抜歯といわれた
  • 他院で根管治療した歯が痛む

診療方法

精密根管治療について

根管治療は、虫歯治療の一環です。
歯の根っこ内部を対象に行われるため、「歯内療法」とも呼ばれています。
虫歯の進行が、歯の表面組織であるエナメル質までで留まっているのであれば、その部分のみを削りとり、詰め物をして治療は完了します。
しかし、虫歯が象牙質を越え神経にまで達していた場合は、根管治療が必要になります。

歯の根っこ部分はとても複雑です。
しかし、根管治療は虫歯治療の一環で、一般的には保険診療内で行われます。
根管治療には卓越した技術が必要ですが、保険診療内で根管治療を行う場合、使用できる機材や薬剤に制限がかかってしまいます。
使用する機材や薬剤などを自由に選択し、より綿密な根管治療を行えるように、当院では自由診療による精密根管治療も実施しています。

当院の精密根管治療

当院では「抜歯するしかない」と診断された歯であっても、ご自身の歯をできる限り残していただきたいとの思いから、精密根管治療を実施しています。
さまざまなケースがあることは確かですが、治療の成果によっては歯を温存できる可能性があります。

歯の神経にまで達してしまった虫歯は、削るだけでは除去できません。
治癒に導くには、虫歯菌に感染した神経を取り除き、神経があった穴の根管内部まできれいに殺菌消毒しなくてはなりません。
殺菌消毒が必要な根管内部は、人それぞれ異なった複雑な構造をしています。
とても細く、奥まで伸びているため、人の目のみの目視で治療を行うことはできません。

そのため、保険診療で行う根管治療は、根管計測器と指の感覚で根管の形を探りながら治療を進めます。
しかし、それだけでは完璧な治療とならないケースもあります。
そのため、当院ではマイクロスコープや、ラバーダム防湿法を使用して精密根管治療を実施しています。

使用機材

●マイクロスコープ

手術用の顕微鏡を使用します。
最大32倍まで確認できるため、歯の根っこ部分を細部まで確認できます。

一般的に、根管内治療は人間の目のみでの目視がむずかしく、根管測定器と指の感覚を頼りに行われてきました。
しかし、マイクロスコープを通し映像として確認できるようになったことで、治療の精巧性が格段に上がったといわれています。

●ラバーダム

ラバーダム細菌混入を防ぐための薄いゴム素材のシート)で口腔内を覆い、治療する歯のみ露出させることで、唾液や滲出液の根管内への侵入を防ぎながら治療を行います。
ラバーダムを使用しなかった場合、唾液、滲出液の混入を防げなかったことで根管内部に取り残された細菌が再び増殖し、治療を終えたと思っても再び痛み出す可能性があります。

ラバーダム防湿を行うことによって、痛みの再発の防止が期待できます。

●歯科用CT

より良い治療を行うためには、目視の診断だけではなく、三次元での画像での診断は重要です。
レントゲンでは二次元までの情報しか得ることができませんが、歯科用CTであれば、顎全体を360°の視点から口腔内の確認ができます。
本来であればみえない内部まで立体的に映像化することで、より精密な診断、治療が期待できます。

●手術用ライト(LED無影灯)

精密な治療を実施するためには、クリアな術野を確保することが前提です。
影をつくらないライトで、患部を明るく照らします。

精密根管治療が必要とされる症状

虫歯

虫歯の進行度合いにあわせて、治療法が異なります。
虫歯は次の段階を経て進行します。

・CO:初期虫歯の段階です。再石灰化による回復が見込めます。
・C1:エナメル質が虫歯で溶かされている状態です。
・C2:エナメル質の下の層にある象牙質まで虫歯が進行しています。
・C3:象牙質を越えて、神経まで虫歯が到達しています。
・C4:ほぼ歯が溶かされている状況で、歯の神経も壊死しています。

C1、C2と虫歯が進行するにつれて、徐々に甘味や冷たいもので痛みを感じます。
そして神経にまで虫歯が到達したC3の段階となると、激しい痛みをともないます。
精密根管治療の対象は、虫歯菌が神経に達しているC3からC4の段階です。

次の症状がある場合は、精密根管治療が必要です。

・かむと響くように痛みを感じる
・かむと歯が浮いているように感じる
・なにもしていなくても歯がひどく痛む
・歯が長時間痛む
・ひどい痛みがあったが収まった

根尖性歯周炎

虫歯菌が神経に到達すると、歯の根っこの先端部分が炎症し、膿の塊が形成されます。
歯の根っこは歯槽骨という歯を支えている骨の内部にあるため、細菌はその骨も溶かし始めます
その際、骨が溶かされることによる、激しい痛みがともないます。

内部には圧力がかかり始め、膿や炎症は歯槽骨を溶かしながら、出口を求めるように歯茎表面に出てきます。
その出口は、白いおできのようにみえる突起物で、フィステルと呼ばれます。

次の症状がある場合は、根尖性歯周炎の疑いがあり、精密根管治療が必要です。

・激しい痛みが長く続く
・歯茎の腫れ
・顔まで腫れあがる
・歯茎から膿が出る
・歯がグラグラしている

また次のケースは、根管治療が適切に行われていないことで起こっている可能性もあります。
精密根管治療を視野に入れ、ご相談ください。

・根管治療がなかなか終わらない
・根管治療を終えたあとも歯が痛い

当院の治療方針について

細かいところまで徹底的に除去・殺菌

日本でのラバーダムの使用率は、一般歯科医師や日本歯内療法学会員の歯科医師をあわせても、わずか30.8%と低く、半数以上の治療が不十分な防湿下で行われているといわれています。

また、不十分な防湿が、根管治療の成功率に影響を及ぼしていることも報告されています。
このため、当院の精密根管治療では、ラバーダムを使用し、細やかな部分まで徹底的な汚染物の除去、殺菌を行います。

出典:「わが国における歯内療法の現状と課題」

一流の技術を持った
経験豊富なスタッフが対応

精密根管治療は繊細な治療のため、知識や医療機器だけではなく、積み重ねた技術や経験も必要です。
当院では、精密根管治療に精通したスタッフが対応します。
精密根管治療に対する、疑問や不安な点がございました際には、お気軽にご相談ください。

顕微鏡を使用した根管治療

精密根管治療は、数ミクロン単位での操作が必要なため、マイクロスコープの活用が必要不可欠です。
術野が広がることで、精度の高い治療を行うことにつながります。

根管治療の実施回数は、根管の本数にも左右されます。
従来の方法だと、平均して4~5回ほどかかるのですが、マイクロスコープを活用することで、より的確に施術を遂行できるため、治療回数を最小限に抑えることも期待できます。

診療にあたっての注意点・リスク

感染根管治療(再根管治療)

根管治療後に、無菌状態で治療を行えたのか判別する術はありません
そのため、根管治療を終えたはずなのに痛みが続く場合は、完全に細菌を取り除けていない可能性があります。
数カ月後あるいは数年後に症状が現れるケースもあります。

そのような場合、再び根管治療を行います。
感染根管治療再根管治療と呼ばれる再度の治療を行うと、歯質も弱くなり、抜歯を避けられない事態となることもあります。

そのため、再び感染とならないためにも、精密根管治療が必要と考えられます。

再発予防!予防歯科の重要性

予防歯科

歯は生きるために必要なものです。
そのため当院では精密根管治療を行い、より抜歯を回避できるように努めています

しかし、本来であれば「虫歯となり、精密根管治療が必要な状態」にならないことが望まれます。
そのため、予防は保存の大切な第一歩と考えられます。

当院では、セルフケアではむずかしい歯石除去や、専用のペーストによるペリクルやバイオフィルムの除去を行い、お口の中を清潔に保ちます。
予防処置を定期的に行うことで、虫歯になりにくい、大切な歯を守ることができるお口の環境を整えることが期待できます。

セルフケア

習慣を身につけることはむずかしく、毎日のセルフケアをおろそかにしてしまう場合もあります。
しかし、プロフェッショナルケアには限界があります。
セルフケアがあったうえで、ようやく歯医者での予防処置の効果が期待できます。

当院では、セルフケアの充実のためにブラッシング指導も行っています。
的確な清掃ができるように、ご来院の際には、正しい方法を指導できるように努めています。

よくある質問

他院で根管治療をしたのに
歯が痛むのはなぜですか?

細菌を完全に取り除けていない可能性があります。
根管治療をあらためて行う必要がありますが、根管治療を繰り返さないためにも、さらに精巧な治療法である「精密根管治療」で治療を行うことをおすすめします。

根管治療は時間がかかると聞きました。なぜですか?

根管内はとても複雑であり、何本も枝分かれしているケースもあります。
数回に分けて根管内を洗浄・除菌する必要がでてくるため、根管治療には時間がかかるとされています。
当院の精密根管治療では、適格な診断と術野を確保することで、治療回数を抑えることが期待できます。

歯を抜きたくありません。
どうしたらいいですか?

抜歯が必要と診断されたケースであっても、精密根管治療で根管内を無菌状態へと近づけられれば、歯を温存できる可能性もあります。
しかしながら、抜歯をまぬがれない場合もあるため、まずはご相談ください。

精密根管治療は痛みを感じますか?

治療前に強い痛みを感じていた場合、術後も強い痛みが生じる可能性もあります。
痛みは2~3日を目途に、徐々に治まっていきます。
また、精密根管治療中は、必要に応じて麻酔を使用します。

精密根管治療を受ければ
再発リスクを抑えられますか?

精密根管治療では、ラバーダム防湿、マイクロスコープを活用した、綿密な治療が行われます。
一般的な根管治療に比べると、精密根管治療の成功率は各段に上がることが見込めます。
精密根管治療をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

▲ ページTOPに戻る

著者情報 Writer

著者画像
首藤 真一
資  格:歯科医師
出身大学:国立九州大学

▼メッセージ
「エス歯科グループでは他院で難しいといわれた症例あるいは、失敗した症例でも数多く成功させてきました。
その医療技術を神奈川全域、ひいては日本全国の歯でお困りの方に提供するため、アクセスしやすい横浜みなとみらいの地を選らび開業しました。
皆様の歯にとって「最後の砦」になるべく、先進の医療技術、最先端の医療設備を駆使して治療に臨みます。
他院で難しいといわれた場合でもぜひ相談にお越しください。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

審美歯科アイコン

審美歯科

精密根管治療アイコン

精密根管治療

精密歯周病治療アイコン

精密歯周病治療

インプラント治療アイコン

インプラント治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

エス歯科クリニック 横浜みなとみらい

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

最寄駅

JR線・東急東横線・京急本線
「横浜」駅 徒歩6分
相鉄線
「横浜」駅 徒歩9分
横浜市営地下鉄ブルーライン
「横浜」駅 徒歩10分
横浜ポルタ・G出口 徒歩3分
みなとみらい線
「新高島」駅徒歩1分

駐車場

同施設のコインパーキングをご利用ください

9:30〜13:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

045-264-9222

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB初診予約アイコン

WEB初診予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー