220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

電話マーク

お電話

メニュー

スポーツ<br class=マウスガード イメージ">

スポーツ
マウスガード

口元のケガを未然に防ぐ

エス歯科クリニック横浜みなとみらい院では、マウスガードを作製します。
マウスガードは、スポーツ中のケガから口元を守るためのアイテムです。
スポーツを行う際、どうしても相手の身体やスポーツ用具が顔や顎にぶつかってしまうことがあります。

当院では、口元のケガを未然に防ぐためのマウスピースを作製しています。
患者さまの行われているスポーツの種類や、かみ合わせにも加味しながら、その方にあったマウスピースをおつくりします。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 歯を衝撃から守りたい
  • お口の中の負傷を防ぎたい
  • 顎関節や頭部の
    ダメージを軽減させたい
  • 食いしばりから歯を守りたい
  • パフォーマンスを向上させたい
  • フィットする
    マウスガードが欲しい

マウスガードについて

マウスガードとは

スポーツ時に口元をガードするために装着するものであるため、守る機能と同時に、パフォーマンスコンディションに影響を与えないものであることが望まれます。

スポーツは身体を動かし、ストレス発散できるため、心身ともに健康に良いとされています。
しかし一方でケガのリスクは常にあり、お口の中においても、前歯が折れる場合や、傷ついてしまう場合もあります。

また、お口の中はとても複雑な構造をしているため、既成のマウスピースでは違和感が出る場合もあります。
当院では、守る機能と同時に、スポーツのパフォーマンスを維持が期待できるマウスガードを作製しています。

マウスガードを行うメリット

マウスガードを作製する最大の目的は、口元のケガを未然に防ぐことです。
そのほか、歯医者で作製した際のメリットもあわせて、次のようなメリットが考えられます。

●メリット

・市販のマウスピースに比べ適合性が高い

お口の中の型取りをして、患者さま専用の適合性の高いマウスガードを作製します。

・市販のマウスピースに比べ外れにくい

適合性の高いマウスピースを作製するため、プレイ中に外れることが少なくなる傾向にあります。

・お口のケガを未然に防げる

スポーツによる衝撃から、歯や骨、粘膜などを守ります

・パフォーマンスの向上

マウスガードを装着することで、上下の歯が固定され、しっかりとかめているときに近い状態をつくり出します。
そのため、筋力や運動力の向上につながります。

・相手のケガを回避

対戦相手との接触も多いスポーツの場合、歯が対戦相手を傷つける原因となることもあります。しかし、マウスガードを装着していれば、歯で傷つけてしまう可能性の軽減も期待できます。

・将来的な治療コストを削減

マウスガードを装着しケガを回避することで、治療も回避でき、結果的にコストを抑えることにもつながります。

マウスガードを行うデメリット

●デメリット

・全額自己負担

自由診療となるため、費用は患者さまの全額負担となります。
そのため、市販のものに比べ費用が高くなります

「スポーツにケガはつきもの」という言葉があるほど、スポーツ中はケガになりやすいといわれています。
しかし対策をしないでいると、大きなケガにつながることもあります。

歯ぎしり用のマウスピースの場合は、厚さ1~2mm程度です。
一方で、マウスガードは厚さ3~5mmと十分な厚さがあるため、歯や顎、お口の中が傷つくことの防止が期待できます。

マウスピース装着が
義務化されているスポーツ

身体や用具が顔面や顎に当たりやすく、強い衝撃が加わるスポーツは、マウスピースの装着が義務づけられています。
歯が折れる、顎の骨が折れるなどといったケガを回避するために、マウスガードを装着しましょう。
次のスポーツは、マウスガードの装着が義務化されています。

・ボクシング
・キックボクシング
・アメリカンフットボール
・アイスホッケー
・インラインホッケー
・女子 ラクロス
・ラグビー(U-13からU-19まで義務化)
・空手の一部
・K-1
・総合格闘技

マウスピース装着が推奨されるスポーツ

マウスガード装着が義務化されていないスポーツだからといって、装着してはいけないわけではありません。
ケガのリスクをできる限り回避できるようにマウスガードを用意することは、今後さらに重要視される可能性があります。
次のスポーツは、推奨という形でマウスガードの装着がすすめられています。

・バスケットボール
・野球
・サッカー
・陸上競技
・レスリング
・柔道
・相撲
・スキー
・スノーボード
・パワーリフティング

パフォーマンス中における
期待できる効果

マウスガードには、パフォーマンスの向上を助ける効果もあると考えられています。
かみ合わせを良い位置で固定することで、力が入りやすい、バランスがとりやすいなどの作用があることは広く知られています。
では、さまざまなスポーツがあるなかで、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

●脳しんとうの防止

マウスガードを装着することで、脳しんとうになるリスクを低くできるといわれています。
化学的な根拠などはまだ結論づけされていませんが、通常のマウスピースよりもクッション性の高いマウスガードが頭部に伝わる衝撃を和らげると考えられています。
結果的に脳しんとうの防止が期待できます。

出典:日本歯科医師会 歯とお口のことならなんでもわかる 8020テーマパーク「スポーツ歯科」

●飛躍力の向上

パフォーマンス向上の具体的な例として、飛躍力の向上が期待できます。
飛躍力を必要とする陸上競技バスケットボールフィギュアスケートなどを行う方におすすめです。

●心理的安心感

口元が守られていることで、安心して競技に取り組むことが期待できます。
また、相手を傷つける心配がないことも心理的な安心感につながります。

マウスガードの種類

基本的なタイプについて

●シングルタイプ

歯ぎしり用のマウスピースの場合は、厚さ1~2mm程度です。
一方で、マウスガードには3mm以上の厚さがあります。
シングルタイプは名前のとおり、その厚さのシート1枚で形成されています。
このシングルタイプが、マウスガードの基本的なものとなります。

●ダブルカスタムタイプ

シングルタイプのシートを、2枚重ねた状態のマウスピースです。
シングルタイプより厚めの、強い衝撃が加わる傾向にあるスポーツ向けのマウスピースです。
ラグビーアメリカンフットボールアイスホッケーインラインホッケーなど、人と人がぶつかりあうことが想定されるスポーツを行う方に適応されます。

●トリプルカスタムタイプ

歯とスポーツマウスガードの間に隙間をつくり、そこにラミネートで厚みをだし、さらにアクリルを挟んで強化させたマウスピースです。
ダブルカスタムタイプよりもさらに衝撃に耐えられる構造となっています。
人とぶつかるだけでなく、空手キックボクシングなど顔面や顎に衝撃が加わる可能性があるスポーツを行う方に適応されます。

ダブルレイヤータイプ

前歯部分だけ厚みを増したマウスガードです。
前歯はとくに衝撃が加わる部位であるため、前歯にラミネートを2重に重ねて、受ける衝撃を和らげます。
空手ボクシングなどを行う際に適応されます。

ウェイトタイプ

奥歯部分だけ厚みを増したマウスガードです。
奥歯を食いしばることが想定されるスポーツを行う際に装着します。
たとえばパワーリフティングでは、奥歯で食いしばることで、歯が欠けてしまう場合や、顎の骨にひびが入る場合があります。
奥歯に自分自身の力が強くかかるスポーツを行う方に適応されます。

診療方法

制作期間の目安

型取りから、マウスピースの受け渡しまで1~2週間のお時間をいただいています。

また、型取りの前に虫歯がないかのチェックをし、治療が必要となる病気があれば、治療を終えてから型取りを行います。
そのため、作製にとりかかるまでにお時間がかる場合もあります。

マウスピースの保管方法

●破損や変形を防ぐために

マウスガードは基本的にやわらかい樹脂でつくられています。
そのため、正しい方法で保管できていない場合、破損や変形などが生じる可能性があります。
次のように正しくマウスガードを保管しましょう。

・ケースに入れて保管

マウスガードを使用しないときは、専用のケースに入れて保管しましょう。

・流水で洗う

使用したあとは流水で洗い、しっかりと水分を拭き取り清潔に保ちましょう

・熱湯を避ける

熱湯で洗うと変形することがあるため避けましょう。

・室内温度に注意する

夏場の車の中や室内の暑い場所などに放置してしまうと変形する場合があるため、注意が必要です。

・暖房器具

暖房器具の前に放置してしまうと変形につながります。

・ポケットやカバンの中に直接入れない

ポケットに入れたままにするカバンに直接入れるなどすると、破損や変形の可能性があるため注意しましょう。

注意事項

●虫歯に注意

スポーツ時は、砂糖が含まれるジュースやスポーツ飲料を摂取する機会が増える傾向にあります。
そのあと、そのままマウスガードを装着すると、虫歯になりやすいといわれています。

また、食事後においても、歯磨きをしないままマウスガードを装着すると、内部で虫歯菌を増殖させる可能性があります。
食後の歯磨き使用後の清掃などが、虫歯のリスクを減らす重要なポイントとなります。

また、マウスガード使用期間中に虫歯治療が必要になった際には、つくり替えが必要になるケースもあります。
そのため、マウスガードを使用する際には、次の項目に注意しましょう。

・ジュースやスポーツドリンクをなるべく控える

虫歯菌は糖分を好み増殖するため、お茶を飲むように意識しましょう。

・食後の歯磨き

食後の歯磨きがむずかしい場合は、うがいをしましょう。

・歯間ブラシやデンタルフロスを活用する

歯ブラシだけでは十分に虫歯菌を除去することがむずかしいため、歯間ブラシやデンタルフロスなどの、歯間清掃補助器具を活用しましょう。

アスリートサポート

さまざまな分野で活躍するアスリートへのサポートを行っております。
アスリート支援の詳細ページはこちら

よくある質問

マウスガードは
保険が適応されますか?

マウスガードは、治療目的ではなく、予防目的となるため自由診療となり保険は適応しません。
全額負担となります。

マウスガードを
装着して寝られますか?

マウスガードはスポーツ時に装着することを想定してつくられています。
そのため、スポーツ時以外の装着はおすすめできません。
睡眠時にマウスピースが必要な状態である場合は、まずはご相談ください。

マウスガードを
装着して会話は可能ですか?

スポーツ中にコミュニケーションが必要な場合も多くあるかと思いますが、マウスガードを装着していても、十分に会話ができます。

市販のマウスガードとの
違いはありますか?

歯医者で作製するマウスガードは、患者さまのお口の中にあわせてつくられます。
一方、市販のマウスガードは、簡易的なつくりの場合や、お一人おひとりお口の中の状況に考慮されてつくられていない場合があります。
そのため適合性も重視したいマウスガードにおいては、歯医者で作製することをおすすめします。

マウスガードは
どのくらいでつくり替えるべきですか?

マウスガードは、外部からの強い衝撃や、強く食いしばることが多くあるため、半永久的に使用できるものではありません。
1年ほどで、つくり替えの時期を迎えるといわれています。
壊れている場合や、あわないマウスガードを使用する場合は、本来の効果が期待できなくなってしまうため避けましょう。

▲ ページTOPに戻る

著者情報 Writer

著者画像
首藤 真一
資  格:歯科医師
出身大学:国立九州大学

▼メッセージ
「エス歯科グループでは他院で難しいといわれた症例あるいは、失敗した症例でも数多く成功させてきました。
その医療技術を神奈川全域、ひいては日本全国の歯でお困りの方に提供するため、アクセスしやすい横浜みなとみらいの地を選らび開業しました。
皆様の歯にとって「最後の砦」になるべく、先進の医療技術、最先端の医療設備を駆使して治療に臨みます。
他院で難しいといわれた場合でもぜひ相談にお越しください。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

審美歯科アイコン

審美歯科

精密根管治療アイコン

精密根管治療

精密歯周病治療アイコン

精密歯周病治療

インプラント治療アイコン

インプラント治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

エス歯科クリニック 横浜みなとみらい

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

最寄駅

JR線・東急東横線・京急本線
「横浜」駅 徒歩6分
相鉄線
「横浜」駅 徒歩9分
横浜市営地下鉄ブルーライン
「横浜」駅 徒歩10分
横浜ポルタ・G出口 徒歩3分
みなとみらい線
「新高島」駅徒歩1分

駐車場

同施設のコインパーキングをご利用ください

9:30〜13:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

045-264-9222

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB初診予約アイコン

WEB初診予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー