220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

電話マーク

お電話

メニュー

ワイヤー矯正/成人 イメージ
見出しアイコン

ワイヤー矯正/成人

スタンダードな矯正方法

エス歯科クリニック横浜みなとみらい院では大人のワイヤー矯正を行っています。
数ある矯正装置のなかで、もっともスタンダードな矯正方法として広く知られるワイヤー矯正は、マウスピース矯正に適応しない症例でも治療を行うことができます。

ワイヤー矯正は、歯を動かすために歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を装着し、ワイヤーを通したうえで、歯を引っ張り、適切な位置へと導きます。
ワイヤー矯正治療はお子様のものと思われがちですが、大人の方でも受けていただくことが可能です。
気になる歯並びがある場合は、一度ご相談ください。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 確実に歯を動かして治療したい
  • 歯並びが悪く八重歯もある
  • 歯と歯がかみ合っていない
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 費用を抑えたい
  • マウスピース矯正では
    治療できないといわれた

大人のワイヤー矯正とは

大人のワイヤー矯正の特徴

歯科矯正のスタンダードな治療法として位置づけられているものが、ワイヤー矯正です。
まず、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を装着し、ワイヤーを通します。
そして、段階的にそのワイヤーに力をかけていきます。

歯は歯槽骨という骨で支えられていますが、力のかかり具合によって、吸収(減る)、再生するといわれています。
その作用を利用して歯を動かす方法がワイヤー矯正です。

また矯正は、左右の並びの美しさだけでなく、上下のかみ合わせにも考慮し行う必要があります。
そのため、全体的な矯正が望ましいとされています。
しかし、軽度の歯並びの乱れには、部分的な矯正が適応されることもあります。

当院では、改良超弾性型チタンニッケル合金ワイヤーのご用意があります。
チタンニッケル合金ワイヤーは、改良超弾性型とあるように、弾力性に優れ、曲げるとすぐに元の位置に戻ろうとする性質があります。

歯に与える力もやさしく負担を抑えられるため、安定性のある長期的な治療の実現が期待できます。
カウンセリング時間を十分に設け、患者さまのご希望をくみとりながら、考えられる治療法をご提案いたします。

●メリット

・確実に歯を動かせる

装置の取り外しがなく、また、さまざまな症例に対応できるワイヤー矯正は、確実に歯を動かすことが期待できます。

・費用を抑えられる

近年さまざまな矯正方法が選べるようになりました。
しかし、新しい方法は費用が高くなる傾向にあります。
昔からのスタンダードな矯正方法である表側矯正を行うと、費用を最小限に抑えることができると考えられます。

・目立たない工夫ができる

従来のブラケットといえば、金属の目立つものが主流でした。
しかし、現在では白色のブラケットやワイヤーといった、目立たない工夫がされているものをお選びいただけます。

●デメリット

・マウスピース矯正より痛みを感じる

マウスピース矯正の場合は少しずつ歯に力をかけますが、ワイヤー矯正の場合は、ワイヤーを引っ張る力で歯を動かします
そのため、マウスピース矯正よりも強い痛みを感じることがあります。

・金属アレルギーの心配がある

セラミックを選択しない場合、金属アレルギーの心配があります。

●矯正に要する期間

歯並びの状態や選択する矯正方法によっても、治療期間は左右されますが、基本的にワイヤー矯正には約1年~3年の期間が必要といわれています。
また、必要な通院回数は1ヶ月に1回が目安で、マウスピース矯正よりも多いです。

歯科医師による調整が行われ、計画的に歯が動いているか確認する日でもあります。
細かいメンテナンスが可能な点は、メリットの1つと考えられます。

歯を動かす治療を終えたあとには、歯の位置を定着させるための保定期間へ移行します。
保定期間は、歯を動かす治療と同等の期間が必要となります。

おもな治療内容とその種類

治療方法

ワイヤー矯正はさまざまな症例に対応し、多様性のある治療法の1つです。
ワイヤー矯正によって次のようなことが可能になると考えられています。

・失われた一番奥の歯の隙間に親知らずをけん引する
・生えてこない永久歯を引っ張り出す
・上下のブラケットにゴムを掛けて矯正治療を行う
・アンカースクリューと呼ばれるチタン製のネジを顎の骨に埋め込み固定源とする

アンカースクリューによって基本的なワイヤー矯正による歯の動きだけではなく、これまでにむずかしいとされていた症例や、歯の位置やかみ合わせの微調整が行えるといわれています。

このように、ワイヤー矯正は多彩な症例に対応しています。

表側矯正

スタンダードな歯科矯正として長く行われてきた矯正方法です。
「矯正」といわれてこの表側矯正を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

表側矯正は、舌側矯正より技術が必要とされず、歯が動かしやすいともいわれています。
表側矯正において、当院では次のブラケットのご用意があります。

●メタルブラケット

昔から使用されている基本の装置です。
耐久性もあり、さまざまな症例に対応できます。

【メリット】

・耐久性がある
・安価

【デメリット】

・目立ちやすい
・金属アレルギーの心配がある

●セラミックブラケット

歯の色に近い、透明感のある白色のセラミックのブラケットです。
メタルブラケットに比べると目立ちにくく、遠目からみたときには気づかれにくいことも特徴です。

また、金属アレルギーの方にもおすすめです。
メタルブラケットに比べるとやや費用が高めとなり、耐久性も弱くなります。

【メリット】

・目立ちにくい
・金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

・高価
・耐久性が弱い

舌側矯正

舌側矯正は、歯の裏側にブラケットを装着します。
ブラケットが口元からみえることがなく審美的に優れています
また、一番大きな唾液腺開口部が舌側にあるため、表側矯正に比べると虫歯リスクを抑えられるとされています。

舌側矯正は、メタルブラケットに抵抗がある方、人前に立つお仕事をしている方にもおすすめの治療法です。
その反面、舌にブラケットがあたりやすく、慣れるまではしゃべりにくく、痛みを感じることもあります。

また歯の裏側は、表側に比べてくぼんでいる、デコボコしていることも多く、その形状はお一人おひとり異なります。
そのため、患者さまお一人おひとり専用のブラケットを作製する必要があり、表側矯正に比べると高価となります。

【メリット】

・口元からみえない
・虫歯のリスクを抑えられる

【デメリット】

・舌に当たる
・しゃべりづらい
・高価

大人のワイヤー矯正のリスク

リスクはデメリット以上に注意をしましょう。
ブラケットやワイヤーは、頬の粘膜や舌に当たり痛み出血を招く場合があります。
そこまでの異常はなくても、違和感を覚えることもあります。

とくに矯正を始めたばかりのころは、歯がどんどん動き始めるため、ワイヤーの先端部分が粘膜に当たりやすくなる傾向にあります。
その際には、粘膜保護用のワックスをワイヤーに張りつけて対処できます。
保護用ワックスだけでは不十分な場合は、我慢せずになるべく早めにご相談ください。

改善が見込める症状

叢生(そうせい)・八重歯

顎の幅が小さい、歯が大きいなどのアンバランスが理由で、すべての歯が並んで生えることができずに生じる歯並びです。
重なりあうように生えていることが特徴で、犬歯が前に飛び出している八重歯も叢生の一種です。

【治療法】

小児期の矯正と違い、大人になると、顎のスペースを広げる矯正方法は基本的に行えません
もし行いたい場合は外科処置が必要です。

–  小臼歯の抜歯
–  IPR(アイピーアール)

歯をきれいに並べるためのスペースを確保するために行います。

出っ歯

出っ歯は見た目のコンプレックスだけではなく、前歯で食べ物をかみ切れない、口が閉じづらいなどの機能的な症状も出やすい歯並びです。
そのため、矯正が望まれる症状の1つです。

出っ歯の種類は2つのタイプに分かれます。
歯だけが前に出ている歯性タイプと、顎全体が前に出ている骨格性タイプです。
治療法はどちらのタイプなのかによって異なります。

【治療法】

–  IPR(アイピーアール)

歯性タイプの場合は、抜歯や歯の側面をやすりで削るIPRが検討されます。

–  外科手術

骨格性タイプの場合に検討されます。

すきっ歯

出っ歯と同じで、すきっ歯も矯正が望まれる歯並びの1つです。
見た目のコンプレックスだけでなく、発音に障害が出ることがあります、
原因は、先天性または後天性のどちらも考えられます。

先天性の場合は、歯の大きさが小さい、または歯茎に埋まっている、もともと歯が存在しないなどのケースがあり、後天性の場合は、おしゃぶり、頬杖、舌癖などが原因で、すきっ歯が引き起こされているケースが考えられます。

【治療法】

–  スペースを埋める
–  ワイヤーでけん引する

歯茎が埋まっている場合に検討されます。


よくある質問

矯正装置は黄ばみやすいのですか?

カレーやケッチャップ、濃いお茶、ワインといった色の濃いものは、ブラケットとワイヤーを固定する透明なゴムに色素が沈着する可能性があります。
定期的に交換可能でありますが、できるだけ控えるときれいに保つことが期待できます。

矯正装置が頬や舌に当たって痛いときはどうすればいいですか?

歯の表面に装置を装着する必要があるため、どうしても頬の内側の粘膜や、舌に装置があたり、痛みや傷が生じる場合もあります。
そのようなときは、粘膜保護剤で装置を覆う対処法がございますので、ご相談ください。

矯正装置が外れたら
どうすればいいですか?

決して放置することなく、すみやかに当院にご連絡ください。
放置してしまうと、計画通りに歯を動かしていけなくなる場合や、お口の中が傷つく場合もあり、注意が必要です。

被せ物が入っていますが、
ワイヤー矯正できますか?

被せ物であれば、問題なくワイヤー矯正を行うことができます。
しかし、歯を動かすことによって、つくり替えが必要と判断される場合もあります。

ブリッジが入っていますが、
ワイヤー矯正できますか?

ブリッジの場合、土台となる歯を含む複数の歯が連結されています。
歯を動かす過程で支障となる場合は、一旦ブリッジを外し、矯正後につくり直す必要があります。
また当院では、インプラントの併用した矯正が可能です。

▲ ページTOPに戻る

著者情報 Writer

著者画像
首藤 真一
資  格:歯科医師
出身大学:国立九州大学

▼メッセージ
「エス歯科グループでは他院で難しいといわれた症例あるいは、失敗した症例でも数多く成功させてきました。
その医療技術を神奈川全域、ひいては日本全国の歯でお困りの方に提供するため、アクセスしやすい横浜みなとみらいの地を選らび開業しました。
皆様の歯にとって「最後の砦」になるべく、先進の医療技術、最先端の医療設備を駆使して治療に臨みます。
他院で難しいといわれた場合でもぜひ相談にお越しください。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

審美歯科アイコン

審美歯科

精密根管治療アイコン

精密根管治療

精密歯周病治療アイコン

精密歯周病治療

インプラント治療アイコン

インプラント治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

エス歯科クリニック 横浜みなとみらい

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区
高島1丁目2-5
横濱ゲートタワー 1F

最寄駅

JR線・東急東横線・京急本線
「横浜」駅 徒歩6分
相鉄線
「横浜」駅 徒歩9分
横浜市営地下鉄ブルーライン
「横浜」駅 徒歩10分
横浜ポルタ・G出口 徒歩3分
みなとみらい線
「新高島」駅徒歩1分

駐車場

同施設のコインパーキングをご利用ください

9:30〜13:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

045-264-9222

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB初診予約アイコン

WEB初診予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー